今後人気が出そうなアルトコインは?仮想通貨の種類はビットコインだけではない!

仮想通貨・暗号通貨

ビットコイン、イーサリアムのような、ブロックチェーンの技術をベースとした仮想通貨は全世界で ~600種類~ 1,500種類ぐらい存在すると言われています。中には箸にも棒にもというものも多く含まれますが、その中には、しっかりとした技術をバックグラウンドにした、将来有望と思われるアルトコインや、先行者であるビットコインの様々な問題点を改善し、機能をより改善させたアルトコインもあります。

今回はたくさんの種類があるアルトコインの中から今後人気が出そうなアルトコインを探してみたいと思います。

出典 https://www.coinwarz.com/cryptocurrency/coins

多種多様なアルトコイン(仮想通貨)

新しいシステム(アルトコイン)は、それぞれの新しい利用用途に応じた形で、ブロックチェーンの分散型台帳技術を取り入れ、応用し、改良しています。最近評判が高いアルトコインの種類としては、例えば代替コインのモネロ(Monero)、即時グロス決済ネットワークのリップル(Ripple)、匿名性暗号通貨のジーキャッシュ(Zcash)、賭け市場向け分散型未来予想プロトコルのAugur(オーガー)、スマートコントラクト用途の分散型アプリケーションプラットフォームのLisk(リスク)等があります。

仮想通貨Liskに至っては、従来のブロックチェーンの特徴であった、シングルチェーンの構造を覆し、メインのブロックチェーンとは別のサブの分散型アプリケーションにチェーンを作成する、サイドチェーンという技術を用いています。これにより取引の処理能力が大幅に増強され、従来の仮想通貨と比べても、取引の安全性とスピードの面でかなり強化されています。

価値が上がるアルトコインの特徴とは?

このような新しいシステム(アルトコイン)はいずれも、それ自体が仮想通貨として取引され、市場で価格が形成されており、我々も買うことができます。ビットコイン、イーサリアムほどの取引量はまだないものの、昨今大きく値上がりしているものも少なくありませし、今後も値上がりが期待されています。

日本においても、大手金融機関はただ手をこまねいて仮想通貨市場を見ているわけではなく、大手金融グループのみずほフィナンシャルグループや三菱東京UFJ銀行などが独自の仮想通貨の発行を準備しています。

三菱東京UFJ銀行では2017年に独自の仮想通貨である「MUFGコイン」の実証実験を行いましたし、みずほフィナンシャルグループも日本IBMと組んで独自の仮想通貨「みずほマネー」の開発を発表しました。これらは、利用者同士がスマートフォンを通じてコインのやり取りが出来る新たな決済サービスとのことですが、全貌はまだ明らかではありません。

今後人気が出そうなアルトコインは? まとめ

このように、たくさんの新しいシステム(アルトコイン)が並び立つようになった仮想通貨の分野ですが、今後もブロックチェーンを基盤として、より画期的な新しいシステム(アルトコイン)が出来てくる可能性があります。我々が取引所などを通し金融商品として買えるアルトコインの種類も増えてくるでしょう。

今後も引き続き、新しい技術を随時キャッチアップしながら、有望なアルトコインを見極め、システムとして利用したり、投資対象として選択していく必要があります。

仮想通貨のおすすめ取引所を厳選ランキング!
この記事では、仮想通貨に興味はあるけど、どこの取引所を選べばいいのかわからない!と思っている初心者の方向けに、日本国内の仮想通貨取引所をランキング形式で紹介します。 仮想通貨の取引自体はとても簡単で、取引所・販売所にアカウント登録(口...