日本発の仮想通貨モナコインの特徴、将来性とおすすめの取引所まとめ

仮想通貨・暗号通貨

モナコイン(MONA)は数少ない日本発祥の仮想通貨として注目されていますが、そのなりたちや、特徴、将来の可能性はどのようなものなのでしょうか?

モナコインの特徴や将来性、お得な買い方、おすすめの取引所について初心者にも簡単に分かりやすいよう解説していきたいと思います。

日本発の仮想通貨モナコインとは?

仮想通貨のモナコインは2014年1月に正式にリリースされた比較的新しいアルトコインですが、その発祥は、日本で屈指のアクセス数を誇る電子掲示板の「2ちゃんねる」です。

アルトコイン
アルトコインとはalternative coinの略で、Bitcoinに代わる別のコインという意味。一般的にはBitcoin以外の仮想通貨をこう呼びます。

モナ(MONA)という名称は2チャンネルの代表的なキャラクターである「モナー」からきています。通貨の単位は「MONA」で、開発者は「2ch pool」を運営していた「わたなべ氏」です。

ただ、モナコインは2ちゃんねるが管理をしているわけではなく、他の多くの仮想通貨と同様の、管理者は存在しない非中央集権的な仕組みになっています。

仮想通貨モナコインの特徴

人気のあるアルトコインの多くはそれぞれの特徴を備えています。モナコインは、リップルやライトコインと同じくその取引スピードの速さが一番の特徴です。

▼リップルについては下記の記事で詳しく解説しています。

あのGoogleが出資をした仮想通貨リップル(Ripple)の特徴と将来性、おすすめの取引所まとめ
リップル(Ripple)とは、ビットコインと同じ仮想通貨の1種ですが、あのGoogleが出資をしたことにより一躍注目を浴びるようになりました。 では、この仮想通貨はどのような特徴を持った仮想通貨で、他の多くの仮想通貨と何が違うのでしょ...

▼ライトコインについては下記の記事で詳しく解説しています。

仮想通貨 ライトコイン(Litecoin)とは?特徴・将来性とおすすめの取引所
ビットコインほどの知名度はありませんが、いつも取引総額で上位に顔を出す仮想通貨のライトコインとは一体どんな特徴がある仮想通貨なのでしょうか? 今回はライトコインの特徴と将来性、おすすめの取引所を簡単に解説していきたいと思います。 仮...

そもそもモナコインは、ライトコインをベースに開発されたものなので、そのシステム構成はライトコインとあまり変わりませんが、後に幾つかのアップデートが行われモナコインとしての独自性や特徴を持つようになりました。

モナコインの取引のスピードですが、ライトコインが1ブロックの生成に2分30秒かかるのに対し、モナコインは90秒と短縮されており、スピードという点ではモナコインはより使い勝手の良いものになっています。

また、通貨の発行量もライトコインが8400万LTCであるのに対し、モナコインは1億512MONAで、この発行量はビットコインの5倍にもなります。

これらのモナコインの特徴は、開発当初のコインの利用目的からくるところが大きいと考えられます。元々モナコインは2チャンネルでの優良な投稿に対する投げ銭(チップ)としての利用を前提に開発されたものなので、より小口のスピーディーな取引を前提としています。また、モナコインはsegwitを実装したことにより、今後、よりその利便性が高まると予想されます。

segwit
ビットコインが抱える「スケーラビリティーの問題」を解決する手段の一つで、具体的には、ビットコインの取引データ内に従来含まれていた署名を分離して別の領域に格納するデータ圧縮手法。

仮想通貨モナコインの将来性

また、モナコインはその使いやすさと日本発祥という親しみやすさからか、利用用途も広がりつつあり、Amazonギフト券などへの交換や特定のゲーム内での使用なども行われるようになりました。

仮想通貨であるモナコインは、特定の企業により発行、管理される「nanaco」や「Edy」などの電子マネーと違い、仕組み上は、企業やサイトの垣根を越えてのポイントの送付が可能なので、利用者にとっての利便性も高く、その利用範囲も大きく広がる可能性を秘めています。

ここまではモナコインの特徴や将来性について簡単に解説してきましたがいかがだったでしょうか。

このように、使用目的に則して開発された使い勝手の良いアルトコインという特徴を持つモナコインですが、その利用範囲は今後も随時広がっていくと思われます。

また、モナコインの取引自体もその知名度が上がるにつれて増えていく可能性があり、モナコインはポテンシャルを秘めたアルトコインの一つと言えるのではないでしょうか?

モナコインの取引も、日本の主要な仮想通貨取引所が順次取り扱いを開始しています。

「使えるコイン」モナコインの人気上昇中!仮想通貨のMONAが買える取引所も増加

日本国内で人気急上昇中のモナコインはアスキーアートの「モナー」をモチーフにした日本発のアルトコインで,、旧2ちゃんねるから生まれた仮想通貨です。

取引スピードが早く、送金手数料も安いので「使えるコイン」として国内で人気上昇中!

人気の仮想通貨モナコインは送金スピードが速く、手数料も安いモナコインは、実際に使えるコインとして国内の様々な用途で使われだしています。

モナコインはライトコインをベースに開発され、世界で初めてsegwitが実装されたコインとしても有名で、その取引スピードを極める事により他のアルトコインとの差別化を図るという特徴を持つ仮想通貨といえます。

因みに仮想通貨のライトコインは、2011年にビットコインからフォークする形で生まれたアルトコインで、その特徴も取引スピードの速さ、マイニングの速さにあります。

モナコインは、特に少額決済に向いており、秋葉原のメイド喫茶等の実店舗での利用に加え、Twitter上の投げ銭サービス(Tipmona)でも有名になりました。

このモナコインのサービスは、何かを教えてもらったりした際のお礼に簡単にチップとしてモナコインを送れるというものです。

Twitterのアカウントさえあれば誰でも利用できるのでとても便利です。また、モナコインで買い物が出来るオンラインショップも増えてきており、モナコインは実際に使えるアルトコインとして国内でその知名度を高めてきています。

日本で人気のモナコイン

また、モナコインは日本発の仮想通貨という事もあり取引のほとんどが現状国内で日本円ベースで行われているため、ビットコイン等で取引されるようなアルトコインと違い、他の仮想通貨の相場変動に引きずられ難いという特徴もあります。

この点は、ビットコイン以外の仮想通貨への分散投資を考える際にも選びやすい仮想貨といえるのではないでしょうか。

日本の多くの仮想通貨取引所が既にモナコインの取り扱いを始めており、金融庁に正式に承認された仮想通貨交換業者のホワイトリストにも載り、bitFlyer(ビットフライヤー)bitbankZaifなど5か所が取り扱っています。

通貨としての利用が進むことにより知名度が上がり、仮想通貨取引所で多く取り扱われることにより信用力も増し、またそれにより利用が進むと言った相乗効果が、ここにきてのモナコインの通貨としての価格の上昇にも繋がっているのではないでしょうか。

人気仮想通貨モナコインの可能性

このように、実際に使われる便利なコインとして評価を上げてきたモナコインですが、日本における仮想通貨自体の普及がこれからの段階であるので、まだまだ今後の成長や人気化が期待されています。

特にモナコインユーザーには早くから「モナコイナー」とも呼ばれている熱心なファンがおり、コミュニティーの結束も非常に強いと言われていますので、今後もそのような人々主導で面白いイベントやプロモーションが行われ、ファン、ユーザー層を増やしていくのではないかと期待されます。

日本発の仮想通貨という事で、ただでも親近感がわきますし、日本語での情報発信が多いこともファン層を広げるのにはとても有利です。

昨今の仮想通貨の中には情報が不足していたり、不明瞭であったり、実際に開発が終了し、使われているのかわからないようなものも多くありますので、その点でもモナコインはとても安心できる環境にあるアルトコインと言えるのではないでしょうか。

この点もモナコインが将来性を期待されている理由の一つです。

コインの発行量という点では、ビットコイン2,100万枚、ライトコイン8,400万枚に対しモナコインは1億512万枚とかなり多い方で、需給という意味ではより一層の普及によりマーケットが広がらないと継続的な価格の上昇は難しいかもしれません。

また、セキュリティーという意味ではマイニングの難易度に重点を置いたビットコインなどに比べて脆弱な部分もあるようなので、高額な送金などには不向きかもしれません。

ただ、高速な処理が必要な少額な送金用途に絞った利用だけでも十分なニーズが有り、広く一般に普及させるという意味では、ある程度の通貨の発行量も必要だとも言えるのではないでしょうか。

このように、日本発で実用性の高いコインという大きな特徴を持つモナコインですが、その価値が今後も大きく上昇するかどうかは、より一層通貨としての利用用途、範囲が広がり、多くのコインが流通されるようになるかどうかにかかっているのではないでしょうか。

仮想通貨のモナコインを買うならZaifとビットバンクが断然オススメ! セキュティーや手数料で比較!

日本発の仮想通貨として有名なモナコイン(MONA)ですがここにきてビットコイン以外の投資ポートフォリオの1つとして、ビットコイン取引に慣れた投資家を中心に人気が出てきています。

モナコインを買うのにおすすめな取引所は断然Zaifbitbankです。

両者がオススメな理由をビットコイン初心者にもわかるように簡単に説明したいと思います。

モナコインを買うならZaif,ビットバンクがオススメな理由は?

まず、ビットコイン取引の初心者の方が仮想通貨取引所を選ぶにあたり気をつけなければいけないことがいくつかあります。取引所を運営する企業の信用性、財務的基盤、取引所システムのセキュリティーの堅牢さ、そして入出金や取引毎にかかる手数料の違いです。

仮想通貨取引所のセキュリティ

業界に詳しい方は運営企業の財務内容や取引システムのセキュリティーの詳細を自力で調べ取引所を選べば良いでしょうが、ビットコイン取引の初心者の一般ユーザにはなかなか大変だと思います。

そんな時に参考にすべきポイントは、まずは仮想通貨取引所の運営会社が金融庁が定める仮想通貨交換業者として登録を認めてられているかという点。昨今世間を騒がせているCoincheckは業界の老舗で取引高に関しても大手の一角を占めていましたが、金融庁による登録が認められていませんでした。

金融庁は登録審査にあたり、取引システムのセキュリティーの堅牢性、企業の財務の健全性、そして取引所運営のルールなと様々チェック項目をもって審査を行なっているはずです。

特に今回のCoincheck事件でも注目点の1つとなった、顧客からの預かり資産の分別管理などは外から見ても実際どのように行われているかわかりません。ですので仮想通貨取引所を選ぶ際は、仮想通貨交換業者として金融庁の「お墨付き」が済んでいる取引所を選ぶことをお勧めします。

取引手数料や売買高

次に取引所を選ぶ際のポイントとして外せないのが手数料です。ビットコイン取引をはじめとする仮想通貨取引では様々な手数料を支払う必要があります。

その中でも1番注目したいのは金額的なインパクトの大きい、取引ごとにかかる取引手数料です。もちろん安いに越した事はありません。

取引手数料に関しては取引所ごとに定められていて、期間限定のキャンペーンなども行われているので取引所ごとにかなりの差が出てきます。

また同じ取引所であっても通貨ごとに手数料が違うことが多いので事前のチェックが必要です。

また、それ以外のポイントとして通貨の売買高の多さにも注意して下さい。

買った通貨をいざ売ろうとしても取引所での売買高が少なければ売りたいタイミングですぐに売ることができません。取引したい通貨の売買高がしっかりあるかも事前にチェックが必要です。

モナコインを買うのにおすすめの仮想通貨取引所

上記のような理由から、今人気のモナコインを買う取引所としてお勧めしたいのがZaifとビットバンクです。

Zaifとビットバンクはもちろん金融庁の登録事業者にも登録されていますし、モナコインの取引形態も手数料の高い販売所ではなく取引所の板取引で売買が可能です。

他にも大手取引所のビットフライヤーが取引所形態でのモナコインの取引を行っていますが、ビットフライヤーは現在のところモナコインの指値注文ができず、成り行き注文しか出来ません。

モナコインのようなアルトコインは売り板と買い板のスプレッドが大きく開くことがあるので、特に初心者には成り行き注文は危険だと思います。よって取引所で指値でモナコインの買えるZaifbitbankをオススメします。仮想通貨販売所と仮想通貨取引所の違い、手数料の違いに関しては下記記事をぜひ参考にしてください。

Zaif(ザイフ)に口座開設する方法|ビットコイン取引で手数料がもらえる取引所
ビットコインの取引手数料がマイナス、つまりビットコインを取引すると手数料がもらえるという仮想通貨取引所Zaifに口座開設しました。 今回はZaifの口座開設のやり方を詳しく解説します。 Zaif(ザイフ)で口座開設する方法 ...
仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank.cc)の口座開設の手続き方法
bitbank.ccはビットバンク株式会社(2014年5月設立)が運営する仮想通貨取引所です。ビットコインをはじめ、リップル、ライトコインなどのアルトコインの取引ができます。 2017年9月29日付けで「仮想通貨法(改正資金決済法)」...

Zaifとbitbank.ccのモナコインの現物取引手数料は下記のようになっています。

Zaif

maker手数料taker手数料
MONA/JPY0%0.1%
MONA/BTC0%0.1%

bitbank.cc

maker手数料taker手数料
MONA/JPY無料キャンペーン中無料キャンペーン中
MONA/BTC無料キャンペーン中無料キャンペーン中

※記事執筆時点。

また、ビットコインをはじめとする仮想通貨は同じ通貨であっても取引所ごとに取引価格が異なり、特にモナコインなどのアルトコインはその傾向が強いので、1カ所の取引所だけでなく複数の取引所に口座を開設して価格を比べてみることをおすすめします。

その意味でもZaifとbitbank.ccの両方に口座を開設してモナコインの価格を比較してみてはいかがでしょうか。

また、Zaifには、毎月一定金額(1000円以上)で積立(購入)が出来る機能もあるので、コツコツ型の投資スタイルの方には便利です。

出典:https://zaif.jp/

今人気急上昇中の仮想通貨モナコインを買うならZaifとビットバンクがオススメな理由を取引所の信用や販売形態、手数料の面から簡単に解説してきました。

モナコインは日本発のアルトコインと言うこともあり日本を中心にますます人気が出てきています。また、根強いファンも多く、コミュニティーがしっかりしていることも大きな魅力です。

ビットコイン初心者の方もぜひいちどモナコインを研究してみてはいかがでしょうか。その際はビットバンクとZaifで価格の比較をしてみても面白いと思います。

Zaif(ザイフ)に口座開設する方法|ビットコイン取引で手数料がもらえる取引所
ビットコインの取引手数料がマイナス、つまりビットコインを取引すると手数料がもらえるという仮想通貨取引所Zaifに口座開設しました。 今回はZaifの口座開設のやり方を詳しく解説します。 Zaif(ザイフ)で口座開設する方法 ...
仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank.cc)の口座開設の手続き方法
bitbank.ccはビットバンク株式会社(2014年5月設立)が運営する仮想通貨取引所です。ビットコインをはじめ、リップル、ライトコインなどのアルトコインの取引ができます。 2017年9月29日付けで「仮想通貨法(改正資金決済法)」...

日本発の仮想通貨モナコインの特徴、将来性とおすすめの取引所まとめ

日本国内においてますます注目を浴びだしているモナコインの魅力と将来性、人気の秘密を簡単に解説してきましたがいかがだったでしょうか?

モナコインは少額でも簡単に利用できる身近な仮想通貨ですので、興味と機会が有れば是非一度通貨として利用してみてはいかがでしょうか?最後になりましたが、今後モナコインの売買を考えられている方は是非下記記事も参考にしてください。

仮想通貨のおすすめ取引所を厳選ランキング!
この記事では、仮想通貨に興味はあるけど、どこの取引所を選べばいいのかわからない!と思っている初心者の方向けに、日本国内の仮想通貨取引所をランキング形式で紹介します。 仮想通貨の取引自体はとても簡単で、取引所・販売所にアカウント登録(口...
モナコイン(MONA)を購入できる取引所・販売所

bitbankおすすめ
モナコイン(MONA/JPY,MONA/BTC)を取引所(板取引)で買いたい人にオススメ!取引手数料無料キャンペーンも

ビットトレード
モナコイン(MONA/JPY,MONA/BTC)を取引所(板取引)で購入できる!

bitFlyer(ビットフライヤー)
ビットコイン取引量日本一の取引所!モナコインは販売所で購入可能