Coincheckの取扱い仮想通貨の種類を初心者向けに解説

仮想通貨・暗号通貨

仮想通貨取引所のCoincheckで取り扱われる豊富な通貨の種類について、仮想通貨取引をこれから始める初心者の方の観点から見ていきたいと思います。

Coincheckは2018年1月にNEMが大量に不正送金される事件が発生し運営体制に懸念が生じていましたが、Coincheckの運営会社であるコインチェック株式会社がマネックスグループ株式会社に買収され、完全子会社となることが2018年4月6日に発表されました。

マネックスグループ株式会社はネット証券であるマネックス証券などを傘下に持つ東証一部上場企業です。

マネックスグループの全面的な支援を受けて新しい経営体制を構築することとなったCoincheckの今後に期待したいと思います。

【2018年5月18日追記】
コインチェックが下記の匿名通貨の取り扱いを廃止するというニュースが出ていますのでお持ちの方は注意しましょう。
・モネロ
・ジーキャッシュ
・ダッシュ
・オーガー

仮想通貨取引所Coincheckの特徴

まず、仮想通貨取引所のコインチェックは現状、その取扱高やアプリ利用者数において、日本の大手仮想通貨取引の一つとなっています。

その人気の理由は、「3分で口座開設」「ビットコインを最短10分で購入」をうたっているように、その口座開設、入金、出金、売買注文などのシステムの使い勝手の良さと、「二段階認証」等を取り入れたセキュリティに対する安心感にあると思います。

ただ、ここで忘れてはいけないのが、何より取扱っている通貨の豊富さです。

仮想通貨取引所Coincheckの取り扱い通貨の種類

コインチェックの取り扱い通貨は、ただ種類が多いと言うだけではなく、世界的にその取り扱い量や知名度の比較的高いものが多いという点も評価されます。

ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュなどの既に日本では有名な仮想通貨のみではなく、日本ではまだあまり取り扱いがされていなものの、世界的にはその取扱高や知名度において期待されている通貨が多く取り扱われています。

その内容を見ると、世界的な取扱高における上位10位に入るような、リップル、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ダッシュ、ネムなどを網羅しており、それ以外でも、仮想通貨としての特徴があり、今後その取引高も伸びると思われるような通貨も取り扱われています。

例えば匿名性の点で非常に特徴を持った仮想通貨であり、前述のダッシュとともに高く評価されている暗号通貨である、ジーキャッシュ、モネロといったような通貨も既に取り扱っています。

また、そのブロックチェーン技術を使ったデータ、文書管理のプラットフォームとして、米国の不動産市場やヘルスケア市場で注目を集めているファクトムや、未来予想、賭けの分野でプラットホームとして注目を浴びているオウガーなども既にその取り扱いラインナップに入っている点は、先見の明と言っても良いのではないでしょうか。

コインチェックのマイナーコインでハイリターンを狙う

仮想通貨のトレーディングの観点からすると、ビットコインやイーサリアムなど、既に一定の評価を受けて安定した通貨を買うというのも良いですが、まだ日本ではそれほど知名度のない、今後大きく伸びる可能性のある通貨を先買いするというのも大きな醍醐味です。

仮想通貨はここ数年でその認知度を高めている事は確かですが、株式やドルやユーロの外貨投資と比べればまだまだハイリスクな投資である事は確かですので、リターンもより大きなものを望みたいです。

その点においてはコインチェックが取り扱っているような通貨は投資対象としてとても魅力があるのではないでしょうか。

世界に700以上あると言われている仮想通貨の中から、まだそれほど知られていない今後大きく伸びるであろう通貨を探し出す事は、とても手間のかかる難しい作業だと思います。

その他にも、ICO(イニシャルコインオファー)での売り出し通貨を買うと言う方法もありますが、さすがに技術的な深い知識が必要であり、ホワイトペーパーを読んだだけでは、普通の人間にはそのプロジェクトの革新性や、通貨の良し悪しを判断するのは難しいと思います。

今話題のICO(Initial Coin Offerring)とは?
ICOとは企業やプロジェクトがブロックチェーンを用いて新規にCoin(トークン)を発行することにより、不特定多数の投資家から特定の事業、プロジェクトに必要な資金を調達する方法です。その手法的特徴から、クラウドセールやプレセールと呼ばれること...

また仮想通貨取引所のザイフなどで取り扱われてる日本独自のマイナー通貨を買うという手段もありますが、(私見ですが)これもその通貨の汎用性や知名度という点で少し弱い気がします。

仮想通貨の取引をこれから始めたいと思っている初心者の方がまず悩むのが、どの仮想通貨取引所を選ぶかということだと思います。

取引所を選ぶにあたり口座開設のしやすさ、システムの使いやすさ、セキュリティ、手数料の安さも確かに重要だと思います。ただ、それにプラスしてどんな種類の仮想通貨が買えるかということも非常に重要ですので、取引所選びにあたってはそのあたりも重要視してみてはいかがでしょうか。

Coincheckの取扱い仮想通貨初心者向け解説 まとめ

仮想通貨取引所のコインチェックは、口座開設のしやすさ、システムの使いやすさ、取引手数料の観点から、既に沢山の方々に選ばれているようですが、私が注目したいのはその取り扱い仮想通貨の豊富さと、質の良さです。

ビットコインやイーサリアムだけでなく、よりハイリターンの狙える仮想通貨投資を考えていらっしゃる方は、一度コインチェックで取り扱っている通貨の一覧を見て、それぞれの通貨の勉強してみてはいかがでしょうか。

但し、ビットコイン以外のアルトコインの実際の取引の際には、特に取引の形態(取引所取引か販売所取引か?)や手数料(取引手数料、販売手数料)も事前にしっかり確認することをおすすめします。