GMOのFXで自動売買はできる?シストレを利用したいときは?

FX(外国為替証拠金取引)

GMOの名前がついたFX会社は2つあります。

ひとつはFXだけでなく株式や投信などの金融商品も扱うGMOクリック証券株式会社。店頭取引「FXネオ」と取引所取引「くりっく365」でFX取引ができます。

もうひとつはFX専業会社である株式会社FXプライムbyGMO。

どちらも東証一部に上場しているGMOインターネット株式会社のグループ会社です。

今回はGMOグループの2つの会社で自動売買(シストレ)ができるのか、を見ていきましょう。

ちなみにシストレとはシステムトレードの略で、あらかじめ定められたルール(システム)に従って自動的に売買を行う取引のこと。

反対に自分自身で売買の内容やタイミングを判断をして取引をすることを「裁量トレード」といいます。

GMOクリック証券で自動売買はできる?

GMOクリック証券では残念ながら自動売買(シストレ)のサービスはありません。

また、自動売買ソフトなどのプログラムを利用して取引することは禁止行為にあたります。万が一違反した場合は法的措置を採るということなので注意しましょう。

自動売買(シストレ)はできませんが、GMOクリック証券のFXネオはとても使いやすいので裁量トレードをするのにおすすめです。

FXプライムbyGMO

GMOグループのもうひとつのFX会社、FXプライムbyGMOでは「ちょいトレFX」というシステムトレードが利用できます。

ちょいトレFXはプログラム知識が不要!システムトレード初心者でも簡単に自動売買取引が始められます。

あらかじめFX会社が厳選したストラテジーから好みの売買戦略を選んでシステムトレードを始めることができます。また、マウスで条件を選んでいって独自のストラテジーを作ることも可能。

しかも運用しながらストラテジーを修正することもできるという柔軟さも魅力です。

またFXプライムbyGMOはサポートも充実しているのでシステムトレードに興味はあるけど難しそう、という初心者にも始めやすい環境が整っています。

自動売買(シストレ)をしたいならこのFX会社もチェック!

GMOグループでFXの自動売買(シストレ)ができるのはFXプライムbyGMOですが、ほかにも自動売買(シストレ)ができるFX会社はあります。

アイネット証券

アイネット証券では自動売買システム「ループイフダン」を利用できます。

専門知識がなくても設定を選ぶだけのシンプル操作で自動売買を始められるからビギナーにもおすすめ。

ひまわり証券

FXのパイオニア、ひまわり証券ではシステムトレードができる「ループ・イフダン口座」があります。

ひまわり証券はFX会社として20年の歴史があり、累計FX口座数は200,000口座という老舗のFX会社。

取り扱い通貨ペアは24通貨ペア、1,000通貨から始められるのでシステムトレード初心者でも安心して自動売買がスタートできます。

FX自動売買(シストレ)のメリット

自動売買(システムトレード)は、自分で売り買いのタイミングを判断する裁量トレードとは異なり、基本的には選択したルール(システム)に従ってFX取引が自動で行われていきます。

取引に不安や興奮といった感情が入り込まないため、恐怖心や欲からくる取引の判断ミスがありません。

しかも24時間自動で売買されているので、たとえばドル円など日本の夜から朝にかけて取引が活発になる時間帯の利益獲得チャンスも享受できます。

トレードの時間がない、裁量トレードがうまくいかない、といった方も自動売買に挑戦してみるといいかもしれません。