GMOクリック証券FXネオのレバレッジ設定方法は?変更できる?

GMOクリック証券FXネオ

この記事ではGMOクリック証券FXネオでレバレッジの設定や変更ができるかどうか、について解説します。

その前に、FXで「レバレッジ」といった場合、「最大レバレッジ」と「実効レバレッジ」という言葉が出てくることがあります。

この違いを理解していないと混乱することもありますので、まずは2つのレバレッジの意味を理解しておきましょう。

最大レバレッジと実効レバレッジの違い、計算方法については下記の記事で詳しく解説しています。

GMOクリック証券FXネオのレバレッジ設定、変更の方法は?

最大レバレッジと実効レバレッジの違いが分かったところで本題です。

FXネオでは最大レバレッジは25倍に固定されているため、ユーザーが最大レバレッジの設定や変更をすることはできません。

しかし実効レバレッジは、入金額やポジション、評価損益などで決まりますので、自分で取引量などを調整しながらコントロールします。

もちろん、最大レバレッジ25倍固定のFXネオでも、資金に余裕を持って実効レバレッジ1~3倍程度になるように意識して取引することでレバレッジのかけすぎを避けることができます。

[実効レバレッジの計算式]

保有ポジション評価額(保有ポジション数 × 現在レート) ÷ 有効証拠金(預入資金 + 評価損益)

たとえば有効証拠金200万円のときに100万円のポジションを持っていると、実効レバレッジは0.5倍という計算になります。

有効証拠金200万円のときに200万円のポジションを持っていると実効レバレッジは1倍です。

有効証拠金200万円のときに400万円のポジションを持っていると実効レバレッジは2倍。

有効証拠金200万円のときに5,000万円のポジションを持っていると実効レバレッジは25倍になります。

最大レバレッジが大きいほど取引に必要な証拠金が少なくて済むため、初心者は知らないうちにポジションを持ちすぎてしまい、実効レバレッジが高くなってしまうことがあります。

このリスクを避けるためにポジションを増やす際には現在の実効レバレッジが何倍なのかを常に意識するようにしましょう。

最大レバレッジを設定・変更できるFX会社は?

それでもやはりレバレッジをかけすぎてしまう、最大レバレッジが大きいのは不安、という初心者の方は最大レバレッジを自分で選択できるFX会社を選ぶと良いでしょう。

特に5万円や10万円の資金でFXを始めたいというFX初心者は、1,000通貨単位から取引できるFX会社がおすすめです。

1,000通貨単位で取引可能でレバレッジコースが選べるFX会社

楽天証券【楽天FX】

まとめ

GMOクリック証券FXネオの最大レバレッジは25倍固定です。

最大レバレッジ25倍でも、100万円を証拠金として預けて100万円のポジションを持っている分には実効レバレッジは1倍。実質、レバレッジをかけていないのと同じですね。

50万円を証拠金として預けて100万円のポジションを持っていると実効レバレッジは2倍です。

FXネオは最大レバレッジは変更できませんが、実効レバレッジを意識したポジション保有でリスクをコントロールしていきましょう。

GMOクリック証券FXネオはスプレッドの狭さ、取引のしやすさ、チャート、スマホアプリなど十分なスペック。メインのFX口座としてもおすすめです。