GMOクリック証券FXネオを徹底評価!取引コストや使いやすさで選ぶ方にもおすすめ!

GMOクリック証券FXネオ

FX初心者がまず悩むのは、どのFX会社に口座開設をするか?

やはり気になるのは手数料や使いやすさ、信頼性、口コミの評価でしょう。

そこで今回は私も長年利用しているGMOクリック証券FXネオを徹底評価します!

GMOクリック証券FXネオとは?

GMOクリック証券は、東証一部に上場しているGMOインターネット株式会社のグループ会社です。

FX取引高も多く、経験者はもちろん初心者にも使いやすい取引ツールが魅力です。

何かと話題のビットコインなどの仮想通貨はFXネオでは取引できませんので注意しましょう。仮想通貨の売買をしたい方は、同じGMOグループのGMOコインで取引が可能です。

GMOクリック証券FXネオの概要

まずはGMOクリック証券FXネオの概要をご紹介します。

初回入金額規制なし
各種手数料無料
通貨ペア19ペア
スプレッド業界最狭水準・原則固定(例外あり)
レバレッジ最大25倍
最低取引単位10,000通貨単位
取引ツールPC:はっちゅう君FX+

iPhone、Android:GMOクリックFXneo

携帯電話:モバトレ君

取引時間月曜午前7:00〜土曜午前7:00

(月曜午前7:00〜土曜午前6:00/ 米国夏時間)

※上記の取引時間外も指値の予約注文は可能

自動ロスカット証拠金維持率50%未満で自動ロスカットの対象
サポート24時間サポートで安心

FXネオの評価ポイント1.取引コストの安さに注目

取引コストとは、FX取引をする際にかかる費用のこと。

FXの取引コストは大きく分けると手数料とスプレッドです。

せっかくFX取引で利益が出ても取引コストが高ければ利益が目減りしてしまいますから、取引コストの安さはやはり重要です。

FXネオにかかる手数料

FXネオはいろいろな手数料が安い、どころか0円です。

口座開設はもちろん無料。

口座開設したはいいけど忙しくて取引できなくても、口座維持手数料は発生しません。

FX取引をするには、FX口座に日本円を入金する必要がありますが即時入金サービスを利用すれば入金手数料も無料です。

いろいろな銀行のネットバンキングに対応しているので、すでにパソコンやスマホでネットバンキングを利用している方なら何の手続きも必要なく即時入金サービスが利用できます。

ネットバンキングを利用していない方でも、取引銀行のネットバンキングの利用開始手続きをすればすぐに即時入金が使えるようになります。(一部例外あり)

FX口座から日本円を出金するのにも出金手数料はかかりません。マイページから出金指示をするだけで登録の銀行口座に簡単に出金できます。

GMOクリック証券FXネオは業界でも最狭水準のスプレッド

FXネオのスプレッドは原則固定(例外あり)の業界最狭水準

スプレッドとは買値と売値の差のことで、FXの実質的な売買手数料ともいえます。

スプレッドはFX会社がそれぞれの通貨ペアごとに独自に設定しています。

たとえばスプレッドが1銭の場合、1回の取引で1万通貨あたり100円の手数料がかかっていることになります。

スプレッドが3銭なら1回の取引で300円の手数料がかかる計算です。

つまりスプレッドが広い(買値と売値の差が大きい)と毎回の取引コストが増えるということになります。

特に1日に何度も取引をしたい、短時間で利益確定したいという方にはスプレッドは狭い方が有利です。

FXネオの評価ポイント2.高性能取引ツールが使いやすい!しかも無料

GMOクリック証券FXネオの大きな魅力のひとつは高性能で使いやすいという口コミ評価も多い取引ツール。

パソコン、スマホ、ガラケーに対応した取引ツールも用意されているので、自宅ではパソコンの大きい画面でじっくり取引、外出先ではスマホやガラケーでサクッと取引、など自分の取引スタイルに合った取引ツールが無料で利用可能です。

PC対応のはっちゅう君FXプラス

はっちゅう君FXプラス

FXネオの取引ツール、はっちゅう君FXプラスはパソコンにインストールして利用します。

約定スピードが従来比6倍という「Exモード」が追加され、初心者はもちろんアクティブトレーダーにもおすすめの取引ツールです。

1クリックで即時注文できる「スピード注文」はFX取引に慣れてくるととても便利です。

素早く新規注文や決済注文、ドテン注文もできるので、「今だ!」という場面で活躍します。

はっちゅう君FXプラスのスピード注文画面

個人的に気に入っているのは、スピード注文に表示される損益(pips)の項目。その下に評価損益が表示されていますが、評価損益はポジション評価の総額なので表示された金額に心が惑わされることがあります。

たとえばドル円の買いポジションで買ったときから100pips(1円)下落しているとしましょう。

1万通貨のポジションなら1万円の含み損です。

もし10万通貨のポジションを持っていたら10万円の含み損になります。

損益が総額で表示されてしまうと同じ100pipsの下落でも、含み損が大きいような気がしてしまいませんか?

もちろん利益の場合も同じことが言えます。

私の場合は損益がpipsで表示されていると冷静に状況を見ることができるので、利益確定や損切りのタイミングはpips表示を参考にしています。

GMOクリック証券FXネオは保有ポジションの損益pips表示を見ながらトレードができるのでおすすめです。

はっちゅう君FXプラスのチャート画面

さらに、はっちゅう君FXプラスの注文チャートはチャート上からも注文画面を表示することができるので、画面をあちこち移動する手間なく素早い注文が可能です。

はっちゅう君FXプラスのチャート設定画面

もちろん、はっちゅう君FXプラスのチャートでもテクニカル指標を表示することができます。

PC対応のプラチナチャートプラス

プラチナチャートプラスはパソコンで利用できるFXネオのチャートツール。プラチナチャートプラスから注文はできませんが、Webブラウザで見られるのでインストールが面倒という方でも手軽に高度な分析が可能です。

プラチナチャートプラス

プラチナチャートプラスではプライスボード、チャート、経済カレンダー、ニュースなどを見ることができます。

しかもレイアウトを自由に変えられるから自分好みの画面でじっくり取引の戦略を練ることができます。

もちろん多彩で高度な分析手法にも対応しているので、トレンド分析やテクニカル指標を駆使した分析も可能。

プラチナチャートプラスは前述の、はっちゅう君FXプラスからも起動できるので、機動的に分析できるのも魅力です。

スマホアプリGMOクリックFXneo

FX取引アプリ GMOクリックFXネオ

iPhone、androidをお持ちなら新たにリリースされたスマホアプリGMOクリックFXneoが無料で利用できます。

リリースからそれほど経っていませんが、今まで使ってみた評価としては、注文が通らないということもなく、快適に取引できています。

GMOクリックFXneoアプリでもスピード注文ができるので、外出先の「今がチャンス!」を逃がしません。

GMOクリックFXネオ アプリ画面

チャートを見ながらスピード注文ができる横画面は見やすくて情報量も多くて使いやすい画面。チャート上には建玉ラインも表示されるので現況が把握しやすく便利です。

GMOクリックFXネオ スピード注文画面

GMOクリックFXneoアプリでも前述のはっちゅう君FXプラスのスピード注文画面同様に損益(pips)表示があるので、複数ポジションを持っていても冷静に見ることができます。

GMOクリックFXネオ スピード注文画面

上部にチャート、下部にスピード注文がある画面も見やすくて快適に取引できます。

もちろんスピード(成行)注文だけでなく、指値、逆指値、OCO、IFD、IFD-OCO注文もできるので、自分の取引スタイルに合った注文方法が利用できます。

私も実際にメインで使用していますが、ストレスなく快適に取引できるツールなのでおすすめです。

FXネオの評価ポイント3.初心者も安心の24時間サポートが無料

取引や取引ツールの使い方などで不明な点があれば無料のフリーダイヤルかメールで問い合わせることができます。

GMOクリック証券のサポートは24時間体制だから深夜、早朝の取引中でも安心です。

FXネオの評価ポイント4.信託保全で万が一のときも安心

 

GMOクリック証券は業界でもかなり大手ですので破綻のイメージはあまりできませんが、最近は何が起こるかわからないので、万が一の備えも確認しておきましょう。

FX取引をするには証拠金をFX会社に預ける必要があります。

ですが万一、FX会社が破綻した場合に自分が預けた証拠金(資金)がどうなるのかは、とても気になる点です。

その点、GMOクリック証券では顧客から預かった証拠金を、自社の財産とは別の信託口座に分けて管理しています。

このため、万が一破綻、ということになったとしても顧客から預かった証拠金は守られる仕組みになっているので安心です。

メインのFX会社として充分なGMOクリック証券FXネオ

私も長年FXネオを利用しています。

業界最大手のひとつでもありますし、使いやすい取引ツールもとても魅力的でおすすめできます。

初心者はもちろん、アクティブトレーダーにもおすすめできるFX会社のひとつだと思います。

口座開設するだけで数万円をキャッシュバックしてくれるキャンペーンなどもありますので、迷っている方はぜひ公式サイトをチェックしてみましょう。