必要証拠金の計算のやり方|FXの基礎

FX(外国為替証拠金取引)

FX取引を開始するには、まず資金をFX口座に預けます。ここでは、この資金のことを預入資金と呼ぶことにします。

FXでは、注文するときに、その取引金額に応じて、預入資金の一部が拘束されます。

この拘束される資金を、必要証拠金と呼びます。

預入資金と必要証拠金

預入資金と必要証拠金

ここでは、預入資金、必要証拠金と呼んで説明しますが、実は、FX会社によって呼び方や、計算に使われる範囲などが異なります。
このあたりがFX初心者が混乱する要因のひとつなのですが、まずはおおまかな仕組み、概要を把握することから始めましょう。

FX取引に必要な「必要証拠金」はどうやって計算されるのか

必要証拠金の算出には、次の計算式を使います。

必要証拠金 = レート × 取引数量 ÷ レバレッジ

この計算で使うレバレッジは、自分が選択しているレバレッジコースによって異なります。

レバレッジコースの例

レバレッジコースの例

レバレッジコースの設定はFX会社によって異なっており、下表のように選択機能があるFX会社もあれば、固定されているFX会社もあります。

[レバレッジコースの例]

FX会社レバレッジコースの選択機能レバレッジコース
GMOクリック証券FXネオなし25倍固定
DMM.com証券 FXなし25倍固定
楽天証券 FXあり1倍、2倍、5倍、10倍、25倍
SBI証券 SBI FXαあり1倍、3倍、5倍、10倍、25倍

ただし、ここでいうレバレッジとは「最大レバレッジ」のことです。

最大レバレッジとは、預入資金の最大何倍の取引まで可能か、という意味になります。

たとえば、10万円を預入資金としてFX口座に入金した場合に、レバレッジ25倍コースを選択しているからといって、250万円分の取引をしなければいけない、というわけではありません。

最大で250万円分の取引ができますよ、ということです。

「必要証拠金」を計算してみる

必要証拠金の計算式をおさらいします。

必要証拠金 = レート × 取引数量 ÷ レバレッジ

それでは、上の計算式にあてはめて、次の条件のときに必要な必要証拠金はいくらになるか、計算してみましょう。

[条件]

ドル円を、1ドル=100円のときに、10,000通貨買いたい。

[必要証拠金の計算]

レバレッジ25倍コースを選択している場合は次のように計算します。

100円 × 10,000通貨 ÷ レバレッジ25 = 40,000円

レバレッジ5倍コースを選択している場合は次のように計算します。

100円 × 10,000通貨 ÷ レバレッジ5 = 200,000円

このように、必要証拠金は、同じ取引をする場合でも、選択しているレバレッジコースによって違ってきます。

[ドル円を、1ドル=100円で、10,000通貨取引する際の必要証拠金]

レバレッジコース必要証拠金率必要証拠金
1倍100%1,000,000円
2倍50%500,000円
5倍20%200,000円
10倍10%100,000円
25倍4%40,000円

※必要証拠金率は、(1 ÷ レバレッジ)で計算できます。

まとめ

FXの必要証拠金の計算のやり方について説明しました。

必要証拠金に使われるレートは、取引時点のリアルタイムレートであったり、一定時点のレートであったりと、FX会社によって異なります。

また、通貨ペアごとの必要証拠金は、各公式サイトの取引ルールの説明ページや、ログイン後のマイページ内で確認できます。