ひまわり証券は1998年に日本ではじめてFX取引の提供を開始した老舗のFX会社です。

また、FX業界で話題の自動売買(システムトレード)についても、他社に先駆けて提供したパイオニアでもあります。

ひまわり証券の特徴

ひまわり証券には、次の2つのFXサービスがあります。

  • 自分でトレードする「ひまわりFX」(レギュラー口座)
  • 自動でトレードする「エコトレFX」(システム口座)

どちらのサービスを利用するにしても、「ひまわりFX口座」を開設するだけでOKです。1度の口座開設で、「ひまわりFX」と「エコトレFX」の両方が利用できるようになります。

ひまわり証券のエコトレFXは、厳選した売買システムの中から自分で売買システムを選んで、開始ボタンをクリックするだけで、自動売買をスタートできる取引ツールです。特別なソフトや専用パソコンを用意することなく、システムトレードが始められます。

さらに、ひまわり証券の口座を持っていると、FXのプロによる相場分析レポートなど、マーケット関連の充実したレポートを見ることができるので、市場動向やトレードのタイミングの見極めにも役立ちます。

ひまわりFX WEB

ひまわり証券では法人口座も開設できますが、今回は個人口座の開設について解説します。

口座開設手続き

ひまわりFX口座の開設手順の流れは次のとおりです。

  1. インターネットで口座開設申込み
  2. マイナンバーと本人確認書類の提出
  3. 申込み内容の確認・審査
  4. 口座開設完了

それでは、口座開設手続きについて詳しく見ていきましょう。

申込みフォームに入力する

まずは、確認事項が列挙されていますので、ひとつずつ確認して、同意する場合はチェックを入れていきます。

ひまわりFX口座開設画面

次に、本人情報の入力欄が続きます。

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先
  • 米国納税義務のご確認
  • 外国PEPsのご確認
  • 職業
  • 財務情報(金融資産、年収)
  • 投資経験
  • 主な取引動機
  • 投資目的

以上を入力します。自身の情報ですので、迷うことはないと思います。

中ほどにある「外国PEPs」という聞きなれない言葉が出てきますが、詳しい説明へのリンクがすぐ下にありますので、そちらを確認すれば分かります。

申込みフォームに入力した内容と、あとで提出する本人確認書類等の内容に相違がある場合は、内容確認や再提出が必要になるため、口座開設に時間がかかってしまいます。本人確認書類等の内容と一致していることを確認してから申込みましょう。

すべて入力したら、一番下の「お申し込み内容の確認」ボタンを押して、画面の指示に従います。

マイナンバーと本人確認書類の送付

申込み完了後、ひまわり証券から必要書類の提出に関するメールが届きます。メール記載の内容に従って書類を提出します。

マイナンバー、本人確認書類ともに、いくつか提出の方法がありますが、いずれもアップロードが推奨されています。

アップロードの方法は、スマホ・スキャナ・デジカメで取り込んだ画像を用意します。

次に、ひまわり証券から届いたメールに記載されたURLにアクセスして画面の指示に従って、用意した画像をアップロードします。

必要書類を提出すると、ひまわり証券にて口座開設の審査が始まります。

簡易書留郵便の受け取り

審査が終了し、口座開設手続きが完了すると、簡易書留郵便でログインIDなどが記載された書面が届きます。

以上で、口座開設完了です。書面に記載されたID、パスワードでひまわり証券にログインしてみましょう。

あとは、FX口座に資金を入金すれば、FX取引が開始できます。

まとめ

ひまわり証券では、自分でトレードする「ひまわりFX」(レギュラー口座)と、自動でトレードする「エコトレFX」(システム口座)が、一度の口座開設で利用できるようになります。

また、ひまわりFX口座を持っている人限定で見られる豪華講師陣によるレポートも魅力です。江守哲の今日のドル円予想、デイトレNAVIGATION、柏葉の月刊テクニカルレポートなど、厳選されたマーケット情報を見ることができます。